ザ・マスターズ2012

ザ・マスターズ2012

ザ・マスターズ2012のリザルト(成績)がでた。
8位までの中に、リバティセールが3人いる。

   
4位、小島久司   7位、石丸謙二郎   8位、黒田学
        (78人出場)

私(石丸)としては、マスターズの最高リザルトである。
その理由がはっきりしている。


セールだ。


今回、4〜7mの風の中、3レース、7ヒートをすべてセブン9,0u(12年モデル)で戦った。

 

 

ボードは、107リットル、幅68センチと、選手の中でも小さめのボードだった。
では、何が良かったのか?

《楽》なのである。


ウインドしていて楽というのは、理想である。
特にレース中は、様々な要因がからみ、普段のようにリラックスしてのれないものだ。
ところが、リバティセールに(2年前に)変えてから、身体そのものが楽になった。
今回のレースを終えて、筋肉痛は全くなかった。
普段、海に出ている時間が倍になった。
疲れにくいという言い方が当たっていよう。
しかし、楽というだけでは、レースには勝てない。
スピードは絶対的に必要だ。
今回、スピードでは負けていない。
ブローホールにつかまり、止まってしまい抜かれた事はあったが、スピードでは、一度も抜かれていない。
そもそも、私は、スピードが速い方ではない。
その私が、速く走れるのだから、何をかいわんやである。

 

ウインドを始めて、15年間、カム付きのレースセールにのってきた。

レースセール=速い

という信仰に近い考えを持ち続けてきた。

それが、リバティセールに出会って、考えが一新した。
ノーカムで、これだけのパフォーマンスを生むセールが、出来たのだ。

「最近、ウインドをやった次の日は疲れてねえ〜」
という嘆きは、セブンにのったら、消えてしまった。

 

バンテリンよさらばだ。

 

   

   

 

 

△ページトップ